パーソナル製品 > デジタル一眼レフカメラ[OLYMPUS E-SYSTEM] > E-300

デジタル専用設計一眼レフカメラ E-300


デジタルだからこそできた、これからのカタチです
サイドスイングミラー光路図
サイドスイングミラー光路図
すべてがデジタル専用設計のフォーサーズシステムなら、ボディとレンズの小型化が図れる。その特性を考慮に入れ、より携帯しやすい形状を徹底的に追求。その結果、E-300には一眼レフの象徴とも言えるペンタプリズムがありません。独自で開発した「サイドスイングミラー」を搭載したからです。そのコンパクトなボディには、オリンパスのデジタル専用という設計思想が凝縮され、誰もが使いこなせる機能となって搭載されています。もっと美しいデジタル画像をと願うあなたのために、未来を見据えて完成させたプロダクトデザインです。

800万画素のCCDの実力をフルに引き出すフォーサーズシステム
デジタルカメラに使われているCCDは、真直ぐに入って来る光でないと、きちんと受光できないという基本構造を持っています。そのためフィルムカメラのレンズをそのままデジタルカメラに流用すると、斜めに光が入りやすい画像周辺部で正しい色再現ができなかったり、画像が暗くなる可能性があります。これでは、とても800万画素のCCDの能力を引き出すことはできません。それに対してデジタル専用設計のズイコーデジタルレンズは、画像周辺部でも中央部とほぼ同じように結像できるよう設計されています。さらにフォーサーズシステムでは、フィルムカメラに比べレンズマウントの直径がイメージサークルに対して余裕を持った設計をされています。このボディとレンズの組み合わせにより、CCDの周辺部まで光をほぼ真直ぐに当てることができます。

フィルムカメラ用レンズの場合 フォーサーズ(デジタル専用設計)レンズの場合
フィルムカメラ用レンズの場合 フォーサーズ(デジタル専用設計)レンズの場合

OLYMPUS E-SYSTEM テクノロジー フォーサーズについてはこちら


美しさと素早さを両立 次世代画像エンジン、トゥルーピック ターボ
True Pic TURBO画像処理エンジンには、オリンパス独自の高画質テクノロジーを凝縮したトゥルーピックターボを搭載しています。豊かな階調表現、被写体に忠実な色再現とともに、解像度を保ちながらノイズを効果的に軽減して、シャープでクリアな画像を実現。さらに記録 / 再生や連写などの処理速度を大幅に向上させました。

新開発のダストリダクションシステムが、写真を台無しにするデジタル一眼レフのゴミ問題を完全解決 オリンパスだけが実現

カメラ起動時にLEDランプが点灯。システムの作動を知らせます。
カメラ起動時にLEDランプが点灯。システムの作動を知らせます。
デジタル一眼レフのレンズ交換時、ボディ内部へ入り込むゴミやホコリ。またシャッターの開閉によってボディ内部で発生する摩擦粉。これらがローパスフィルターやCCDの表面に付着すると、確実に画像に悪影響を与えてしまいます。ところがこの問題は、デジタル一眼レフの宿命として、これまで解決されずにいました。オリンパスはせっかくの作品を台無しにする、このゴミ問題に注目。独自に開発したダストリダクションシステムによって大幅な低減を実現しました。E-300の起動時、CCD前面のローパスフィルターとシャッターの間に設置した、スーパーソニックウェーブフィルター(SSWF/超音波防塵フィルター)が自動的に働いて、画像に悪影響を与えるゴミやホコリを瞬時に払い落とします。落とされたゴミやホコリは、フィルター下方に設置されたダスト吸着部で固定。まさに高画質デジタルフォトグラフィー時代を担う、レンズ交換式一眼レフに欠かせない機能です。

他社デジタル一眼レフで撮影 当社E-システム一眼レフで撮影
他社デジタル一眼レフで撮影 / 肌にほくろのように映り込んだ大きなゴミが見える。レタッチなどの画像処理でも取り除くことは難しい。 当社E-システム一眼レフで撮影 / ゴミやホコリなどの映り込みのないクリアで抜けの良い画像。ゴミ取りなどの面倒な作業も必要ありません。

ダストリダクションシステムの構造(イメージ)

ダストリダクションシステムの構造(イメージ)

OLYMPUS E-SYSTEM テクノロジー ダストリダクションについてはこちら

より深い表現のために、充実の多機能
高精細、高視野角。1.8型のハイパークリスタル液晶モニタ
±3ステップで3コマのオートホワイトブラケッティング
TTL位相差検出方式の高速・高精度オートフォーカス
デジタルESP・中央重点平均・スポットの3種類から選択可能な測光方式
絞り優先AE・シャッター優先AE・プログラムAE・マニュアルから選べる露出制御。露出補正は±5EVの幅広いレンジで設定可能
1/3EV・1/2EV・1EV刻みで3コマ調節できる露出ブラケッティング
秒2.5コマ、連続4コマの連写モード
オートのほか100から拡張モードで1600まで対応するISO感度レンジ
※800と1600設定時にはノイズがやや多くなります。
RAWとJPEGの同時書き込みが可能

思い通りの撮影が簡単にできる、最新のシーンセレクトモード
通常の撮影モードに加え、14のシチュエーションに合せて最適なシャッター速度と絞り値を即座に設定できる、最新のシーンセレクトモードを搭載。被写体が初めてのシーンでも、思い通りのショットが簡単に撮影できます。
風景 打ち上げ花火 ビーチ&スノー
風景 打ち上げ花火 ビーチ&スノー

●作例は撮影イメージです。


同梱の画像編集・管理ソフトで、編集も、管理も思うままに
大量に撮影したデジタル画像も、アルバム感覚でスマートに整理できるOLYMPUS Masterを同梱しました。見やすく解りやすいメインメニューからボタンを選ぶだけで、カメラからダイレクトに画像を取り込み簡単に画像の管理・編集・プリントが実行できます。さらに撮影したRAWデータの現像が可能です。 OLYMPUS Master

OLYMPUS Master

OLYMPUS Masterについてはこちら


パソコンレスでもプリントが可能 撮った写真がすぐ引き伸ばせます
PictBridge(ピクトブリッジ)対応のプリンタがあれば、パソコンがなくてもカメラをダイレクトに接続してプリントアウトができます。カメラ内部でプリント予約をするだけの簡単操作です。E-300で撮影した写真を気軽に引き伸ばせたり、プレゼントしたりすることができ、デジタルならではの楽しさが一段と広がります。
パソコンレスでもプリントが可能 撮った写真がすぐ引き伸ばせます
E-300用純正防水プロテクタ※の誕生によって、水中デジタル一眼レフ撮影が可能になりました
※防水プロテクタは別売
■純正設計による優れた操作性

水中デジタル一眼レフシステムカメラボディと同時開発された純正防水プロテクタにより、水中でもE-300の性能を最大限に発揮させることができます。大光量のエレクトロニックフラッシュ(FL-36)やズイコーデジタルの各種交換レンズに対しても、それぞれの製品に最適なプロテクタやポートをご用意。カメラボディとの一体開発により、高い信頼性と優れた操作性を実現します。

■ダイビングファン待望の水中撮影モード

E-300のファームウェアをアップデートいただければ、二種類の水中撮影モードをご利用いただけます。

[水中ワイドモード]
魚群などの、水中の景色を撮るのに適しています。背景の青を鮮やかに再現します。

水中ワイドモード
水中ワイドモード
プログラム
プログラム
水中ワイドモード
水中ワイドモード
プログラム
プログラム

[水中マクロモード]
魚などの水中生物の近接撮影に適した撮影モードです。ピント合わせがしやすく、被写体本来の色を確実に再現できるよう設定されております。


水中マクロモード
水中マクロモード
プログラム
プログラム

ファームウェアをアップデート

■交換式レンズポートの採用

レンズポート PPO-E01、PPO-E02、PPO-E03、PPO-E04
一眼レフの魅力であるレンズ交換機能を生かす専用の防水レンズポートをラインナップ。最適なポートを組み合わせることにより、それぞれのレンズに合ったコンパクトなシステムを組むことが可能です。
また、超広角レンズ用には専用のドームポートを開発。高性能レンズの優れた画質を水中でも得られるように設計されています。


※各交換式レンズポートは別売

■コンパクトで高い機動性を実現

コンパクト設計、半透明のボディ
E-300の小型ボディに相応しく、防水プロテクタもコンパクト設計。水中での機動性が高まるだけでなく、地上での持ち運びも楽に行えます。本体には、耐久性に優れたポリカーボネイトを採用。水深60mの水圧にも耐えられる設計になっているため、安心してお使いいただけます。万が一、内部に水が入った場合でも見逃すことのないように、半透明のボディになっています。

水中デジタル一眼レフシステムラインアップ

クラス最高の8メガピクセル(800万画素)CCDを搭載 フォーサーズシステムとの組み合わせがクラスを超越した高画質を実現
4/3型(フォーサーズ)CCD普及型のレンズ交換式デジタル一眼では初の、800万画素のCCD搭載を実現させました。その高精細な描写力と高い解像力は、すべてのユーザーを満足させるものです。その800万画素のCCDを最大限に活かすのは、理想的なデジタル一眼レフを目指して開発されたフォーサーズシステム。高画質を追求したCCDとズイコーデジタルレンズの組み合わせが、それぞれに最高の性能を発揮。
800万画素という実力をフルに引き出して画面の隅々まで、クリアで美しい画質が得られます。800万画素を誇るCCDには、4/3型(フォーサーズ)CCDを採用。これは通常のコンパクトデジタルカメラで使われているものに比べて、4〜5倍の大きさです。多くのデジタル一眼レフで使用されているインターライン型CCDは、もともと動画用に開発されたものであり、信号の転送エリアを遮光膜が大きく覆っているため、画質を決定する受光部の面積が小さくなってしまいます。一方、E-300では静止画専用フルフレ−ム型CCDを搭載。遮光膜が小さく、信号の転送エリアも一体となって受光部が広いため、動画用のものに比べ、格段に豊かな階調を実現しています。

CCD構造断面図の比較(イメージ図)
■インターライン型CCD
信号の転送エリアを大きく遮光膜で覆うため、受光部分は狭くなってしまいます。
インターライン型CCD

■フルフレーム型CCD
遮光膜部分が小さくてすむので、受光部分を大きくすることができます。
フルフレーム型CCD

新開発、ポップアップフラッシュ内蔵 光の表現領域は、さらに広く、もっと深く
内蔵フラッシュは前面にスライドしながらせりあがる、オリンパス独自のポップアップフラッシュ。そのまったく新しいデザイン形状により、広い照射角を実現しました。またデジタルカメラ用に開発されたエレクトロニックフラッシュFL-36(別売)と組み合わせると、壁や天井に光を反射させるバウンス撮影で、人物の瞳にキャッチライトを入れた美しいポートレート撮影が可能。さらにテクニックを活かした写真撮影ができます。

ポップアップフラッシュ作動例 内蔵ポップアップフラッシュと外部フラッシュの組み合わせ例
ポップアップフラッシュ作動例 内蔵ポップアップフラッシュと外部フラッシュ(FL-36※別売り)の組み合わせ例